MENU

楽天ゴールドカードとプレミアムカードを比較!お得なのはどっち?

2020 7/30
楽天ゴールドカードとプレミアムカードを比較!お得なのはどっち?

楽天カードは、ポイント還元率が常時1%とお得なカードとして有名ですが、他のクレジットカードと同じように、「カードランク」がいくつか用意されています。

最もポピュラーな「楽天カード」、ワンランク上の「楽天ゴールドカード」、そして直接申し込みできる券種としては最もハイグレードな「楽天プレミアムカード」の3種類です。(一部の楽天ヘビーユーザーにのみ招待状が届く「楽天ブラックカード」もありますが、この記事では省きます。)

用意されたカードランクの中でも、中々違いが判りづらいのが、楽天ゴールドカードと、楽天プレミアムカードの二種類。ぱっと見た感じ、デザインはほとんど一緒です。

今回の記事では、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードを比較しつつ、楽天プレミアムカードならではのメリットをお伝えいたします。

この記事でわかること
  • 楽天プレミアムカードならではのメリットが分かる
  • 楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードのどちらに申込むべきかが判断できる
  • 楽天プレミアムカードに申込むべきでないケースが分かる
目次

楽天プレミアムカードとは?

楽天プレミアムカードは、現在楽天カードで申し込むことができる、最上位グレードのクレジットカードとなります。

楽天カードで年会費が発生するカードは、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの二種類のみとなっています。(2020年7月時点)

通常の楽天カードは年会費無料となっていますので、コストの発生する上記二種類のカードについて、比較してみましょう。

「ゴールドカード」と「プレミアムカード」をざっくり比較

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードについて、表にして比較してみました。

楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
国際ブランドVisa、Master、JCBVisa、Master、JCB、AMEX
デザインの種類通常デザイン通常デザイン
年会費2,200円(税込)11,000円(税込)
付帯機能楽天Edy付帯あり楽天ポイント付帯あり楽天Edy付帯あり楽天ポイント付帯あり
ETCカード無料で付帯可能無料で付帯可能
家族カード付帯可能付帯可能
旅行傷害保険海外旅行傷害保険海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
ポイント通常決済で1ポイント楽天市場で最大5倍通常決済で1ポイント楽天市場で最大5倍
その他特徴国内空港ラウンジを無料で利用可能国内空港ラウンジを無料で利用可能プライオリティパスに無料登録が可能

この比較から分かる通り、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いをまとめると

  • 年会費が大きく異なる
  • 国内旅行傷害保険の有無
  • プライオリティパス無料登録権利の有無

となっています。

つまり、2種類のカードの違いを一言で表すのであれば、「海外利用時の特典が充実しているかどうか」という点でしょう。

それでは、楽天プレミアムカードのメリットについて、詳しく解説していきます。

楽天プレミアムカードならではのメリット

【通常利用】限度額が300万円になる

楽天プレミアムカードの発行により、利用限度額を最大300万円に増やすことができます。

通常の楽天カードは利用限度額100万円、楽天ゴールドカードの利用限度額は200万円となっていますので、限度額が200万円では足りないという方であれば、このプレミアムカードを選択する必要があります。

また、この利用限度額がどれくらいのものなのか、他のクレジットカードの利用限度額と比較してみました。

年会費利用限度額(最大)
楽天プレミアムカード11,000円300万円
dカードゴールド11,000円300万円
三井住友カードゴールド11,000円200万円
エポスゴールドカード0~5,000円300万円
アメックスゴールド31,900円定め無し

利用限度額一覧を見ると分かる点として、楽天プレミアムカードは「プレミアム」という冠がついていますが、一般的なクレジットカードとして見ると、「ゴールドカードレベル」のクラスとなっています。

【海外旅行】プライオリティ・パスの無料発行ができる

楽天プレミアムカードの発行により、プライオリティ・パスが無料発行できるようになります。これこそが、楽天プレミアムカードの一番のメリットと言えます。

プライオリティ・パスとは?

プライオリティ・パスとは、イギリスの会社であると共に、同社が提供する空港ラウンジサービスのことを指します。

具体的な特典としては、140以上の国や地域、500以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるといったものです。

その空港ラウンジですが、軽食や飲料が無料提供されるだけでなく、空調の効いた部屋で柔らかなソファに座りつつ、電源の供給を受けられるなど、フライト前に落ち着いた時間を過ごせる空間となっています。

年に空港ラウンジを何回使うかによって、プランと金額が設定されています。

種別プレステージスタンダードプラススタンダード
年会費US$429US$299US$99
ラウンジ使用制限無制限無料利用10回制限あり
利用条件同伴者はUS$32(都度発生)11回目以降の本人利用はUS$32(都度発生)
同伴者はUS$32(都度発生)
本人利用はUS$32(都度発生)
同伴者はUS$32(都度発生)
出典:プライオリティ・パスHPより著者作成

上記の表通り、プライオリティ・パスは本来年会費が最低でも10,000円程度かかるものになっていますが、楽天プレミアムカードの特典では、プライオリティ・パスの「プレステージ」クラスが無料でついてきます。

金額にして約40,000円〜50,000円のサービスを無料で受けられるのは破格のメリットではないでしょうか?

【国内旅行】国内空港ラウンジが無料で利用できる

海外の空港ラウンジだけでなく、国内の空港ラウンジについても無料で利用することが可能です。

国内の空港ラウンジは、1回あたり利用料金として1,000円程度かかることから、月一回以上国内空港を使うのであれば、それだけで楽天プレミアムカードの年会費の元は取れる計算になります。

ちなみに、国内空港ラウンジの無料特典については、プレミアムカードだけでなく、ゴールドカードでも同じ特典を受けることができます。

そのため、国内旅行しかしない方であれば、楽天ゴールドカードでも問題ないでしょう。

【楽天市場】送料分のポイント還元特典が付帯される

楽天には、楽天プレミアムというサービスがあります。楽天プレミアムは、年会費3,900円で以下の3つのサービスを受けることができるというものになっています。

  1. 送料分丸々ポイント還元:楽天市場の買い物では実質送料無料になります。また、送料無料の商品であれば、ポイントが2倍付与されます。
  2. 楽天グループ優待:楽天トラベルや楽天ブックなど、他の楽天サービスで優待を受けられます。
  3. 会員限定クーポン

楽天プレミアムカードの発行をすることで、この楽天プレミアムのサービスを1年間無料で受けることができます

2年目以降は有料にはなってしまいますが、1年間は送料分のポイント還元を受けることができるようになるので、更にお得に楽天市場を使用することができるでしょう。

【ビジネス利用】楽天ビジネスカードも発行できる

楽天カードには、楽天ビジネスカードというカードがあります。

楽天ビジネスカードは、法人名義で発行できるクレジットカードであり、経費処理が簡単になるなどのメリットがあるものとなっていますが、楽天プレミアムカードを申し込まないと発行できないいわば抱き合わせ販売のような仕組みになっています。

そのため、楽天ビジネスカードを持ちたいと考えている方は、必然的に楽天プレミアムカードも保有することになります。

楽天プレミアムカードを申込むべきではない人

楽天プレミアムカードの特典は、海外旅行によく行く人向けになっており、それ以外に大きなメリットはありません。従って、これからご紹介するような方は楽天プレミアムカードを申込むべきではないと考えられます。

年に1回海外空港を利用するかどうかという人

楽天プレミアムカードの一番のメリットは、プライオリティ・パスが付帯されているという点ですが、プライオリティ・パスは、海外空港ラウンジを使うことができる以外に使用用途はありません。

この事から、海外の空港を利用しない人はそのメリットを全く享受できないので、楽天プレミアムカードを申込むべきでは無いでしょう。

楽天市場で更にポイントが欲しいと考え、申込を検討している人

楽天市場で楽天カードを使うことにより、ポイント還元率を上げることができます。その際、年会費の支払いが必要な有料カードを使用することで、更にポイント還元率を高めることが可能になります。

ですが、その還元率アップ幅は、楽天ゴールドカードも楽天プレミアムカードも最大+4倍と変わりありません。

楽天カードでポイント稼ぎをしたいということであれば、楽天プレミアムカードを発行するよりも、通常楽天カードか楽天ゴールドカードを選んだ方が、コストパフォーマンスは高いです。

ステータスとして申込みを検討している人

クレジットカードには、所有していることでステータスの証明になるという考えを持っている方がいます

確かにアメックスゴールドカードや、各社のプラチナカード、ブラックカードなどは、所有しているだけでビジネスマンとしてのステータスを引き上げてくれるでしょう。

ですが、楽天プレミアムカードは、先ほどご説明した通り、普通のクレジットカードのゴールドカード相当のレベルしかありません。

また、人によってではありますが、楽天カードにステータス性を見出せない方も多数口コミで見られます。

ステータス目的で楽天プレミアムカードを発行することはおすすめできません

まとめ:旅行へよく行くならプレミアムカード、そうでなければゴールドカードがおすすめ!

楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードでは、海外旅行に行くか行かないかで、どちらがお得か変わってきます。

プライオリティパスが無料発行できて、国内旅行傷害保険が付帯しているのが楽天プレミアムカードの強み。楽天トラベルなどを通じて国内旅行や海外旅行へよく行かれる方は、年会費11,000円(税込み)を払ってでも楽天プレミアムカードを選んだほうがお得です。

逆に、めったに海外旅行に行かない方や、楽天市場でのポイント還元に主軸を置く方であれば、年会費がたったの2,200円(税込み)で済む楽天ゴールドカードのほうがコスパが良くお得感を得られます。

自分のライフスタイルを考えて、どちらのカードにするかを賢く選ぶようにしてくださいね。

目次
閉じる