MENU

楽天カードは2枚持ち可能!カード追加のメリットとおすすめの組み合わせ

2020 7/28
楽天カードは2枚持ち可能!カード追加のメリットとおすすめの組み合わせ

楽天カードを所有している方でも、2枚目の楽天カードを作ることができます。「同じ会社のカードを2枚持って意味あるの?」と思うかもしれませんが、意外にメリットも多く、別々の会社のカードを2枚持つよりもお得になります。

今回の記事では、楽天カードの2枚持ちについて、2枚目が発行できる条件や選べる券種、2枚持ちのメリットについて解説します。楽天カードをお持ちの方でサブカードの発行を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

楽天カードは2枚持ちが可能!

楽天カードでは、同じカード会社での2枚持ちが可能です。ただ、2枚目の発行には一定の条件を満たす必要があります。

「2枚目を発行するための条件は何か?」「2枚持ちで可能なカードの組み合わせはどれか?」といった疑問を解消していきましょう。

楽天カードで2枚目を発行するために必要な条件は以下の2点です。

  • 1枚目が楽天カード(VISA)である
  • 2枚目のカードは「JCB」or「MasterCard」

まず、第一の条件として、1枚目に所有しているカードは楽天カード(一般)で、国際ブランドは「VISA」でなければなりません。VISA以外の楽天カードを持っている方は2枚目の発行はできないので注意してください。

また、2枚目に発行するカードは、VISA以外の国際ブランドしか選べません。JCB、Mastercard(※アメックスは対象外)の2つのいずれかを選ぶ必要があります。

そして、2枚目に所有できるカードは下記に限られます。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

以上をまとめると楽天カードで2枚持ちできるカードの組み合わせはこのようになります。

  • 1枚目:VISAの楽天カード(通常カード)
  • 2枚目:JCB・Mastercardの楽天かーど・楽天PINKカード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード

楽天カードの2枚持ちを検討している方は、まず最初に自分の所有している楽天カードの国際ブランドが「VISA」であるかを確認してください。

楽天カードを2枚持つ5つのメリットを解説!

楽天カードを2枚持つメリットを解説していきます。「楽天カード1枚よりも」「別会社のカードを2枚持つよりも」魅力のある選択肢なのかをチェックしてみてください。

主なメリットは下記の5つです。

  1. 切り替えいらずでランクの高いカードが持てる
  2. 国際ブランドが2種類持てる
  3. 生活用・仕事用・固定費用など用途を使い分けられる
  4. 楽天ポイントも1つにまとめられる
  5. トラブルが起きても予備のカードで対応できる

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. 切り替えいらずでランクの高いカードが持てる

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなど、ランクの高いカードを発行しようと思ったら、通常は今持っているカードから「切り替え」を行う必要があります。カードの切り替えを行うと新しいカードが手に入る一方、今まで使っていたカードは使えなくなってしまいます。

通信費や光熱費、家賃や国民年金などの固定費を楽天カードで支払った場合、切り替えと同時に支払い情報の修正も行わなけれならず面倒です。

しかし、楽天カードなら「切り替え」ではなく、「2枚目を発行する」という形でランクの高いカードが手に入ります。ネットショップの支払い情報なども、急いで切り替える手間がかからないので便利です。

2. 国際ブランドが2種類持てる

楽天カードの2枚持ちでは、それぞれのカードで別の国際ブランドを選ぶ必要がありますが、逆にそれがメリットでもあります。お店によっては特定の国際ブランドしか使えないといった状況も起きやすく、クレジットカードの国際ブランドは2種類持っていた方が対応しやすくなります。

例えば、VISAは世界最大の国際ブランドで利用者・加盟店の数でもトップとなっています。

これに加えて、日本の国際ブランドで国内での加盟店の多さに利点を持つ「JCB」を組み合わせれば国内外あらゆるお店でカード払いが利用できるでしょう。

3. 生活用・仕事用・固定費用など用途を使い分けられる

クレジットカードを2枚所有することで、利用用途に応じた使い分けが可能になります。例えば、1枚目を普段のお買い物で利用して、固定費の支払いには2枚目のカードを使用するといった使い分けができます。

その他にも、「2枚目はネットショッピング専用にする」「2枚目を仕事用に使う」といったパターンも考えられるでしょう。

クレジットカード1枚だと利用明細は1つにまとめられますが、項目ごとの支出がバラバラで整理するのが大変です。カードが2枚あれば用途に応じた使い分けができるので、家計管理も楽になるでしょう。

4. 楽天ポイントも1つにまとめられる

楽天カードの2枚持ちだと、カードの利用で貯まる楽天ポイントを1つのアカウントにまとめられます。

同じ2枚持ちでもカード会社が別だとポイントも別々に貯まってしまいますし、1つにまとめるにはポイント移行手続きが必要です。楽天カードの2枚持ちならポイントがザクザク貯まる上に、どちらのカードを使っても貯まるポイントは一ヶ所にまとめられます。

5. トラブルが起きても予備のカードで対応できる

クレジットカードを使う中でカードを失くしたり、不正利用の被害に遭ったりするといったトラブルが起きると一時的にカードが利用できなくなります。

1枚持ちだとその間、カードが利用できません。2枚持ちなら、トラブルに遭ったとしてもバックアップとして利用できるので、利便性についてもカバーが可能です。

2枚目に発行する楽天カードのおすすめは?

2枚目に選ぶ楽天カードのおすすめを紹介していきます。選ぶカードの特徴に応じて、2枚目の使い方をイメージしてみてください。

楽天ゴールドカード

年会費2,200円で持てるゴールドカードとしてお馴染みの「楽天ゴールドカード」。空港ラウンジの無料利用(年2回まで)や楽天市場でのポイント還元率5.0%などお得な特典が用意されています。

さらに、楽天カード(一般)では有料なETCカードの年会費が無料なる特典もあります。2枚目の楽天カードとして「楽天市場用」「旅行用」といった使い道がおすすめです。

楽天ゴールドカード

年間たったの2,200円(税込み)で持てるお手軽なゴールドカード。楽天市場では常に5%還元~、普通のお店でも1%還元と、日々のお買い物でどんどんポイントが貯まる!国内の主要な空港や、ハワイホノルル国際空港と韓国仁川国際空港のラウンジを年2回まで無料で利用可能。

年会費2,200円
ポイント還元1.0%~5.0%
国際ブランド
電子マネー
スマホ決済
付帯保険海外旅行障害保険

楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードよりも1つランクが上の「楽天プレミアムカード」では、さらに豪華な特典が用意されています。

空港ラウンジの無料利用に加えて、プライオリティパスの利用も可能で、旅行保険は国内外両方ともが付帯しています。海外旅行に頻繁に行かれる方にとって、かなりコスパの高いカードといえるでしょう。

楽天市場での還元率も5.0%と高く、ETCカードの年会費も無料です。

2枚目に発行する場合は、こちらをメインカードにして、楽天カード(一般)を固定費用にするといった使い方がおすすめです。

楽天プレミアムカード

世界148カ国・1,300カ所以上の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」を無料で発行可能で、最高5,000万円の海外旅行障害保険と国内旅行障害保険も付帯。旅行好きや出張の多いビジネスマンにおすすめの一枚!

楽天市場では常に5%還元~、普通のお店でも1%還元と、日々のお買い物でどんどんポイントが貯まる!

年会費11,000円
ポイント還元1.0%~5.0%
国際ブランド
電子マネー
スマホ決済
付帯保険海外旅行障害保険、海外旅行障害保険、動産総合保険

楽天PINKカード

通常の楽天カードに女性向けの特典が加わったのが「楽天PINKカード」です。

楽天グループのサービスで適用されるお得な割引や、リーズナブルな保険料で加入できる女性特定疾病補償など、女性に嬉しいサービスが充実しています。女性の方であれば、通常カードよりも大きなメリットが得られるので2枚目の候補としてピックアップしておきましょう。

楽天PINKカード

通常の楽天カードの基本スペックをもとに、女性向けのサービスを盛り込んだカード。女性のための保険「楽天PINKサポート」へ月数百円で加入できるほか、楽天グループ優待サービス(月額330円)、ライフスタイル応援サービス(月額330円)など、女性向けの特典が盛りだくさん!

年会費無料なのにポイント還元率1%で、楽天市場でのお買い物では3%~。しかも、クレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyが1枚に集約されていて、どこでもお得にお買い物!

年会費無料
ポイント還元1.0%~3.0%
国際ブランド
電子マネー
スマホ決済
付帯保険海外旅行障害保険

楽天カードを2枚持つ時の注意点

2枚目の楽天カードを作る際の注意点をまとめていきます。以下の点を把握した上で2枚目の手続きをしてください。

利用限度枠は高い方のカードに合わせる

楽天カードを2枚持ったからといって利用限度枠が2枚分の金額になるわけではなく、高い方のカードの限度枠が適用されます。

例えば、楽天カードの限度枠が50万円で、2枚目の楽天ゴールドカードの限度枠が100万円だった場合、2枚持ちした際の限度枠は「100万円」となります。

カードのランクを上げれば、その分限度枠のアップも期待できますが、合算されるわけではないので注意しましょう。

楽天カードの新規入会キャンペーンは適用されない

楽天カードでは新規入会キャンペーンで楽天ポイントのプレゼントをよくやっていますが、2枚目の発行に対してはキャンペーンの提供対象外です。入会キャンペーン特典が2度貰えるわけではないので注意しましょう。

2枚目の楽天カードを作る方法

楽天カードを2枚持ちするための条件やメリットを解説しました。この記事を読んで楽天カードの2枚持ちに興味を持った方は以下の方法で、発行手続きを行ってください。

  1. 「e-NAVI」にログインする
  2. 「お申し込み」→「カードの追加・切り替え」をクリック
  3. 2枚目に作るカードを選択する
  4. 本人情報の変更有無を確認
  5. デザインを選択
  6. 申し込み完了

楽天カードを2枚持てば、用途に応じて使い分けたり、トラブルへの対処ができたり、カードごとの特典が受けられたりなどメリットが盛りだくさんです。

今楽天カードをお使いの方は、2枚目の楽天カードを検討してみてください。

楽天カード

楽天カードマンでお馴染みの楽天カードは、日本で今もっとも発行されているクレジットカード。年会費無料なのにポイント還元率1%で、楽天市場でのお買い物では3%~。しかも、クレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyが1枚に集約されていて、どこでもお得にお買い物!

年会費無料
ポイント還元1.0%~3.0%
国際ブランド
電子マネー
スマホ決済
付帯保険海外旅行傷害保険
目次
閉じる