MENU

楽天ゴールドカードでふるさと納税すると驚異のポイント還元率!

2020 7/23
楽天ゴールドカードでふるさと納税すると驚異のポイント還元率!

「楽天カードで楽天ふるさと納税から納税するとお得になるらしい!」「1番お得にふるさと納税できるのは、どの楽天カードなの?」

楽天カードでのふるさと納税を考えている方はいませんか。

楽天は「楽天ふるさと納税」というふるさと納税サイトを運営しており、楽天カードを使って納税を行うと、最大で30%の還元率にもなることで有名です。楽天会員の方で自営業・フリーランスの方は、「楽天ふるさと納税」からお得にふるさと納税したいと考えているはず。

結論から言うと、最もお得に納税することができる楽天カードは「楽天ゴールドカード」です。

この記事では、楽天でふるさと納税を考えている方に向けて、なぜ楽天ゴールドカードがおすすめなのかについて具体的に解説します。

目次

楽天ふるさと納税は最高にお得なふるさと納税サイト!

【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先の自治体、寄付金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」

「楽天ふるさと納税」は数あるふるさと納税サイトの中でも、最もお得な納税サイトとして有名です。2015年の運営開始当時は、掲載されている自治体数は43と少ないことが指摘されていましたが、2019年には795件、返礼品数も9万3,000件に増えています。

楽天ふるさと納税における最大の魅力は、楽天店舗と同様の扱い&サービスであるという点。

楽天市場でお買い物をすると、楽天スーパーポイントアップ(以後「SPU」)が貯まるシステムになっています。つまり楽天会員として楽天SPUを貯めている方にとっては、楽天ふるさと納税で納税するだけで他サイトを使うより、圧倒的にポイントが貯まるようになります。

楽天カードを普段から利用している方であれば、絶対に楽天ふるさと納税でふるさと納税を行うべきでしょう。

楽天ゴールドカードはポイント還元率が5%

楽天ゴールドカードはポイント還元率が5%になるカードで、楽天カードの中でも最上クラスのクレジットカードです。楽天ゴールドカードは、通常の楽天カードよりも還元率が2%も高く、楽天市場で頻繁に買い物をする方であれば、絶対に利用すべきです。

楽天ゴールドカード

年間たったの2,200円(税込み)で持てるお手軽なゴールドカード。楽天市場では常に5%還元~、普通のお店でも1%還元と、日々のお買い物でどんどんポイントが貯まる!国内の主要な空港や、ハワイホノルル国際空港と韓国仁川国際空港のラウンジを年2回まで無料で利用可能。

年会費2,200円
ポイント還元1.0%~5.0%
国際ブランド
電子マネー
スマホ決済
付帯保険海外旅行障害保険

分かりやすいように1年間の楽天市場での買い物金額に対する獲得ポイントをシミュレーションしてみました。

還元率6万円/年12円/年36円/年
楽天カード3%1,800P3,600P10,800P
楽天ゴールドカード5%3,000P6,000P18,000P
楽天カードと
楽天ゴールドカードの差
2%1,200P2,400P7,200P

楽天カードは1ポイント=1円として換算できるため、もらったポイントはそのまま使うことができます。

楽天ゴールドカードは年間の年会費が2,200円かかるため、逆算すると年間で12万円以上の買い物をする方はゴールドカードを使ったほうがお得ということになりますね。

楽天ゴールドカードにはその他にも特典があり

  • 空港のラウンジが2回まで利用可能
  • ETCカードが無料
  • 利用可能金額が最大200万円

などがあります。また還元率以外にも楽天会員の方は、

  • 楽天トラベル
  • 楽天証券
  • 楽天ブックス

などの他サービスを利用すると、ポイントが+数倍になるSPUプログラムもあるため、楽天ヘビーユーザーの方は、楽天ゴールドカードを使うとお得です。

楽天ゴールドカード×楽天ふるさと納税がおすすめな理由

楽天ゴールドカードで楽天ふるさと納税での納税をおすすめする理由としては、他のサイトよりも圧倒的に多くのポイントをもらうことが出来るという点です。

他のサイトは、サイトとクレジットカードのポイント互換性がないところも多く、ポイントが貯めにくいのが現状。しかし楽天ふるさと納税は、楽天市場と同様のポイント還元率であるため、他の楽天サービスを2、3個利用するだけでも+4~5倍のポイント還元は誰でも実現できます。

ポイントの貯めやすさとお得さからしても、楽天ふるさと納税は圧倒的にお得であるため、ぜひ利用してみましょう。

楽天ゴールドカード×楽天ふるさと納税で30%の還元率を受ける方法

楽天ゴールドカード×楽天ふるさと納税を使えば最大30%の還元率を受けることが出来ることに関しては先述しました。30%とはどのくらいなのかというと、10,000円のふるさと納税をしたとすると、3,000円分は返ってくるという驚異的な還元率です。

以下は具体的にどのような計算で30%になるのかを表に示しました。

還元率
SPUを最大化する+15%
「お買い物マラソン」「楽天スーパーセール」キャンペーン+9%
勝ったら倍キャンペーン+3%
毎月5と0のつく日+2%
楽天カードの基本還元率+1%
合計30%

最大で30倍の還元率にするためには、偶然が重ならないと難しい部分もあり、ほぼ可能性としては難しいでしょう。ただ10~20倍の範囲であれば、決して無理ではないため、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

上手くいけば15%ほどの還元率は十分に実現可能であるため、他のふるさと納税サイトよりは圧倒的にお得です。

SPUを最大化する(15%)

SPU(楽天スーパーポイントアップ)は、楽天の他サービスを利用していればいるほど、楽天市場で買い物をするポイント倍率が上がるというお得なシステム。

楽天ふるさと納税のサイト内でも同様に適用されるため、倍率次第で高い還元率でポイントをもらうことも可能です。

各サービスとSPUの倍率・達成条件は以下の通りです。

サービスポイント倍率達成条件
楽天モバイル+1倍対象サービスを契約
楽天ひかり+1倍対象サービスを契約
楽天カード+2倍楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場で買物
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード+2倍楽天カード(プレミアム・ゴールド)を利用して楽天市場で買物
楽天銀行+楽天カード+1倍楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード+1倍「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払い
楽天でんき+0.5倍加入&利用
楽天証券+1倍月1回500円以上のポイント投資
楽天トラベル+1倍対象サービスを月1回5,000円以上予約し、対象期間の利用
楽天市場アプリ+0.5倍楽天市場アプリでの買物
楽天ブックス+0.5倍月1回1注文1,000円以上買物
楽天kobo+0.5倍電子書籍を月1回1注文1,000円以上買物
楽天Pasha+0.5倍トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
Rakuten Fashion+0.5倍月1回以上買物
楽天TV・NBA Rakuten+1倍NBA Rakutenもしくは楽天TV「Rakutenパ・リーグSpecial」加入・契約更新
楽天ビューティー+1倍月1回3,000円以上利用

全てのサービスを利用すれば、もちろんSPUを最大化することが可能ですが、なかなかそういった人は少ないですよね。

しかし誰でも3~5倍くらいにするのは可能なので、ぜひ楽天サービスを積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

「お買い物マラソン」「楽天スーパーセール」キャンペーン(+9%)

「楽天スーパーセール」は毎年3月・6月・9月・12月に行われているキャンペーンで、楽天市場でお買い物をした時のポイントが最大10倍になります。

他にも対象商品が割引になったり、いつもより安くお買い物ができたり、目玉商品を多数取り扱っていたりと、とてもお得にお買い物することができます。

また他にも毎月開催されている「お買い物マラソン」は、指定された期間内にマラソンのように買い物をしていくことで、楽天市場での買い物がお得になる仕組みになっています。

「買いまわり」とも言われているこのキャンペーンですが、買いまわりとは要するに「複数の店舗で買い物をすること」。1ショップで+1倍、2ショップで+2倍、3ショップで+3倍とお買い物をしていくごとにどんどんポイント倍率が上がっていきます。

買いまわりを続けていくと、ポイントが最大で10倍になるため割合にすると9%の還元率が可能になるのです。

勝ったら倍キャンペーン(+3%)

勝ったら倍キャンペーンとは、楽天がスポンサーになっているスポーツチームの勝敗によってポイントUPが行われるキャンペーンです。楽天株式会社がスポンサーになっているチームは下記の3つです。

  • 東北楽天イーグルス(野球)
  • ヴィッセル神戸(サッカー・J1)
  • FCバルセロナ(サッカー・スペイン1部)

3チームのうち勝利したチームの数だけポイントがプラスされる仕組みになっており、最大のポイントは+4倍(3%)となっています。

ただ、同日中に3チームが勝利する可能性はかなり少ないため、現実的には+1%か+2%ほどになることが多いでしょう。

毎月5と0のつく日(+2%)

楽天では毎月5と0のつく日に楽天カードを利用すると、+2%の還元を受けることができます。毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日が対象日となります。

ふるさと納税ももちろん対象とされるため、ぜひ上記日程を狙ってポイントを稼ぎましょう。

楽天ゴールドカードの審査は厳しい?

楽天カードは比較的に審査が緩いカードとして知られていますが、ゴールドカードは少しランクが高いため、若干審査が厳しくなることは予想できます。

ただ明確な基準は設けられておらず、申請資格として「年齢20歳以上」以外は特に明記されていません。つまり、20歳以上であれば誰でも申込みは可能ということです。

ネット上の口コミによると、年収200万円以上というのが審査通過の目安とされているもよう。ただ、これはあくまでも目安に過ぎず、年収200万円に満たなくても通った事例も見受けられるので、ゴールドカードの割にはハードルは低めな印象を受けます。

楽天の通常カードを半年~1年間ほど使い、支払いの実績を作ってから申し込めば審査通過しやすくなるため、もし年収に自信がない方は通常カード→ゴールドカードのアップグレード作戦で申し込んでみてください。

楽天でお得にふるさと納税をしたいなら、楽天ゴールドカードはもはや必需品といっても過言ではありません。ぜひ一度審査に申し込んでみてくださいね。

楽天ゴールドカード×楽天ふるさと納税で超お得なふるさと納税を!

今回は楽天ゴールドカードを使って、ふるさと納税を行うとなぜお得になるのかについて具体的に解説してきました。

楽天ポイントは日本に数あるポイントの中でも「貯まりやすさ」「使いやすさ」の面で非常に優れています。中でも楽天ゴールドカードは普通に使っても5%の還元率でお得に買い物できるため、普段使いのカードとして使っても有用性が高いカード。

「楽天ふるさと納税」で納税すれば、高い還元率でお得に納税することもできるため、ぜひ楽天ゴールドカードで納税してみてくださいね。

楽天ゴールドカード

年間たったの2,200円(税込み)で持てるお手軽なゴールドカード。楽天市場では常に5%還元~、普通のお店でも1%還元と、日々のお買い物でどんどんポイントが貯まる!国内の主要な空港や、ハワイホノルル国際空港と韓国仁川国際空港のラウンジを年2回まで無料で利用可能。

年会費2,200円
ポイント還元1.0%~5.0%
国際ブランド
電子マネー
スマホ決済
付帯保険海外旅行障害保険
目次
閉じる